情報化社会の経営戦略

ネット時代で経営の変化


トップ
バリネコ
世界のお守りブログパーツ

経営に必要なAISAS理論

ソーシャルメディアが発展してから、経営の仕方も大きく変わり、マーケティングにおける消費者行動も変わってきました。以前はAIDMA理論だったのですが、現在はAISAS理論まず注意が喚起され、興味が生まれ、検索し、購買をする。以前はここまでで終わりだったのですが、現在はその購入したものに対して、情報を共有するという行動を行うようになってきました。ですので、その情報を共有させる仕組みを作りあげる事がこれから経営をしていくうえで必要な仕組みになってきます。また、情報を共有させやすいような仕組み「ホームページ」や「フェイスブックページ」を作成しておくことも大事な要素です。

ネット時代のAISASの法則

AISASの法則とは経営のマーケティング用語です。Attention商品に気づく、Interest商品に興味を持つ、Searchネット検索する、Action購入する、Shareネットに口コミをアップするの頭文字からなります。ネット時代以前にはAIDMAの法則が存在しましたが、二つのSすなわち顧客が自分でネット検索をすることと商品の満足度を口コミでネット上に広める点が大きく違います。インターネットの時代は、優れた経営戦略があれば個人のネットショップが大企業と互角以上に戦える道を開きました。新しいAISASの法則は、さらに興味深い展開を切り開く可能性をはらんでいます。すなわち顧客が新しい顧客を開拓してくれるという循環です。

HOME | SITEMAP

© Copyright ネット時代で経営の変化. All rights reserved.