経営環境の変化にて

ロングテールの経営戦略


トップ » ロングテールの経営戦略
バリネコ
世界のお守りブログパーツ

ネットによって変わった経営環境

従来の経営環境にあっては「80:20」の法則(またはパレートの法則)ということが言われ、売上の80%は、全品目の20%が生み出していると言われてきた。したがって、残りの80%の品目(この製品群を恐竜のしっぽになぞらえロングテールという)に力を入れても、会社全体への影響は軽微で、費用対効果がでない。この裏付けとしてこの80:20の法則は重宝された。現在においても、この法則は生きている。しかし、インターネットが経営常識を変えた。今や、このロングテール製品群は店頭に置く必要がなく、バックヤードから直接顧客に発送できるので、80%の品揃えにかかるコストは限定的となった。むしろ、この80%の製品群を有することが強みとなっている。この環境変化を、皆が認識すべきである。

ロングテールについて

ロングテールとは、経営戦略の一つで、「売れてない商品が、売れ筋商品に変わる」という意味があります。商品を並べたときに、売れてない商品がずっと長く続いている状態を、ロングテールといいます。普通の店なら、売れない商品は、仕入れなくなり、この状態はあまりありません。しかし、インタ―ネットでのオンラインショップだとそれは変わってきます。店では置いておけない、あまり売れない商品でも、ネットだと、少しでも需要がある場合もあります。それは、結果的に、売れない商品の在庫を抱えることになりますが、全体の経営で見れば、大きく売り上げに繋がることもあります。

最近の経営対策の情報

HOME | SITEMAP

© Copyright ネット時代で経営の変化. All rights reserved.