架空人物で経営戦略

顧客を明確にする経営手法


トップ » 顧客を明確にする経営手法
バリネコ
世界のお守りブログパーツ

経営者が注目するペルソナ手法

架空のペルソナと呼ばれる人物を作り上げ、その架空の人物がどのように製品やサービスを利用するのか考えながら、新しい製品やサービスを開発していくマーケティング手法があります。経営にこのマーケティング手法を取り入れる企業も多く、作り上げるペルソナは、年齢や性別、職業などのほかにも生活習慣や価値観、イメージしやすいように画像も作られます。プロジェクト全体にかかわるスタッフがターゲット層をより理解できるようになります。このようなことから、これからも経営にこのマーケティング手法を取り入れる企業は増えることでしょう。

ペルソナ・マーケティングとは

ペルソナ・マーケティングとはマーケティング戦略の1つで、その商品の顧客の代表的プロフィールを、氏名、年齢、性別、職業、年収、身体的特徴、性格、生い立ちから現在の様子、趣味嗜好や価値観にいたるまで細かく決めることで、企業内で顧客の人物像への理解を深め、マーケティング方針を統一することがペルソナ・マーケティングです。企業の経営において、商品の顧客を明確にすることは非常に重要です。しかし、広報、営業など部門が違えば客層が絞りきれなかったり、担当者によって思い描く人物像がまちまちになり、企業内で共通の認識が形成されにくくなります。そこでこの経営戦略を取り入れることで、人物像を共有し、より目指すところが明確となり、具体的な戦略を定めやすくなるのです。

最近の経営対策の情報

HOME | SITEMAP

© Copyright ネット時代で経営の変化. All rights reserved.